編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

マイクロソフト、Windows Server 2012のサポート終了対応支援策を開始

ZDNet Japan Staff

2021-08-16 16:01

 日本マイクロソフトは8月16日、2023年10月10日にサポートが終了(EOS)するWindows Server 2012/同R2と、2022年7月12日にEOSを迎えるSQL Server 2012の対応支援策の提供を開始した。専用サイトで詳しい情報を公開している。

 両製品は、EOSに伴って期日以降に有償サポートと定期的なセキュリティ更新プログラムが提供されなくなる。同社は、原則としてWindows ServerとSQL Serverの最新版へ移行し、最新アップデートの適用を推奨している。

 対応支援策では、最新版へのアップグレードが難しいユーザー向けに、有償で3年間の拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)を提供する。また、アプリケーションやSQL ServerデータベースをMicrosoft Azureへ移行する場合は、EOS後の3年間にESUを無償提供する。また、現在提供中のWindows Server 2008とSQL Server 2008のESUについても、Azureでの利用に限定して提供期間をWindows Server 2008では2023年7月9日まで、SQL Server 2008では2024年1月14日までにそれぞれ1年間延長する。

 併せて移行支援パートナーによるサービスや各種キャンペーンも同日にスタートさせた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]