編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト、Windows Server 2012のサポート終了対応支援策を開始

ZDNet Japan Staff

2021-08-16 16:01

 日本マイクロソフトは8月16日、2023年10月10日にサポートが終了(EOS)するWindows Server 2012/同R2と、2022年7月12日にEOSを迎えるSQL Server 2012の対応支援策の提供を開始した。専用サイトで詳しい情報を公開している。

 両製品は、EOSに伴って期日以降に有償サポートと定期的なセキュリティ更新プログラムが提供されなくなる。同社は、原則としてWindows ServerとSQL Serverの最新版へ移行し、最新アップデートの適用を推奨している。

 対応支援策では、最新版へのアップグレードが難しいユーザー向けに、有償で3年間の拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)を提供する。また、アプリケーションやSQL ServerデータベースをMicrosoft Azureへ移行する場合は、EOS後の3年間にESUを無償提供する。また、現在提供中のWindows Server 2008とSQL Server 2008のESUについても、Azureでの利用に限定して提供期間をWindows Server 2008では2023年7月9日まで、SQL Server 2008では2024年1月14日までにそれぞれ1年間延長する。

 併せて移行支援パートナーによるサービスや各種キャンペーンも同日にスタートさせた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]