編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

米政府機関、ブラックベリー製品の脆弱性で注意喚起

Jonathan Greig (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-18 12:47

 米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)は、BlackBerryの製品に存在する「BadAlloc」の脆弱性に関するセキュリティアラートを発表した。BadAllocは、2021年の初めにMicrosoftの研究者が発表した脆弱性だ。

 また米国時間8月17日、BlackBerryは同社の「QNX Real Time Operating System(RTOS)」がBadAllocの脆弱性の影響を受ける可能性がある問題についてのアドバイザリーを発表した。QNX RTOSは医療機器や自動車、工場などで使用されており、国際宇宙ステーションでも使われている。同社は最近、QNX RTOSがおよそ2億台の自動車で使われていると明らかにしたばかりだ。

 CISAは、QNX RTOSは一部のIoT機器やOT/ICSシステムで使用されており、これらのシステムを保護するための対策が急務だと付け加えた。BlackBerryは影響を受ける製品の完全なリストを公開している。

 CISAのアラートでは、「リモートの攻撃者にCVE-2021-22156を悪用されると、対象デバイスがサービス妨害状態に陥ったり、任意のコードが実行されたりする可能性がある。BlackBerryのQNX RTOSは幅広い製品で使用されており、この製品が侵害されると、悪意を持った攻撃者に極めて重要度が高いシステムの制御を奪われる可能性があり、国家的に重要な機能のリスクが高まる」と述べている。

 「CISAは、現時点ではこの脆弱性が積極的に悪用されている事例を把握していない。CISAは、重要インフラ企業や、影響を受けるQNXベースのシステムを開発、保守、サポート、使用しているその他の組織に対して、影響を受ける製品にできる限り早くパッチを適用することを強く推奨する」

 CISAによれば、一部のRTOSのソフトウェアをアップデートするには、機器を取り外すか、敷地外の施設に持ち込んで、メモリーを物理的に交換する必要があるという。

 BlackBerryのアドバイザリーには、同社がこの脆弱性を修正するためにリリースした多数のアップデートの情報が掲載されている。Microsoftは4月に、BadAllocは25件のCVEにまたがる問題であり、消費者向け製品から医療用IoTや産業用IoTまでさまざま分野に影響を与える可能性があると述べている。

 米国の政治専門ニュースメディアであるPoliticoは8月17日、4月にBadAllocの脆弱性に関する情報が開示されて以降、BlackBerryと米国の政府関係者との間で交わされてきた舞台裏での議論について報じた

 記事では、BlackBerryは同社の製品がBadAllocの影響を受けることを否定し、米政府がこの問題に関してアラートを公表することに抵抗したとされている。

 また、CISAの担当者が、QNXシステムに関するセキュリティアラートについて、影響を受ける業界や国防総省などと事前に連携を取っていたことや、外国の政府関係者にもこの脆弱性について説明する予定であることも報じられている。

 BlackBerryは6月に、QNXはAptiv、BMW、Bosch、Ford、GM、本田技研工業、Mercedes-Benz、トヨタ自動車、Volkswagenが製造する多数の自動車に採用されていると発表している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]