編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

インテル、高効率コアと高性能コアを搭載した「Alder Lake」の概要を公開

Chris Duckett (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-08-20 11:06

 Intelは、高効率コアとパフォーマンスコアを搭載する同社初のプロセッサー「Alder Lake」の概要を公開した。

提供:Intel
提供:Intel

 Alder Lakeの高効率コア(開発コード名「Gracemont」)は、高い電力効率を実現した。Intelによれば、2015年後半の「Skylake」チップと比べて、同じ消費電力で40%高いシングルスレッド性能を提供し、4コア4スレッドの高効率コアを2コア4スレッドのSkylakeコアと比較した場合、80%高いパフォーマンスを実現するという。

 これまで「10nm Enhanced Super Fin」として知られていた新しい「Intel 7」プロセスにより、Skylakeのコアと同じ面積のダイに4つのコアを搭載できる。

 Intelは、5000エントリーの分岐ターゲットキャッシュのおかげでより正確な分岐予測が可能になり、64KBの命令キャッシュで「便利な命令をすぐ出せる」とアピールしている。デコード前の情報を生成するIntel初のオンデマンド命令長デコードや、1クロックサイクルで最大6命令がデコード可能なクラスター化されたOOO(Out-Of-Order)デコーダーもある。

 高効率コアは、4つの整数演算論理回路(ALU)を備えた17実行ポートも実装し、最大4MBのL2キャッシュに対応できる。

 Alder Lakeの高性能コア(開発コード名「Golden Cove」)は、6デコーダー、12実行ポート、改善された分岐予測、より高速なL1キャッシュにより、第11世代の「Cypress Cove」と比べて約19%性能が高い。

 機械学習のワークロード処理時に役立つ行列乗算を効率よく処理するために、IntelはAMX(Advanced Matrix Extensions)を導入した。

 高効率コアと高性能コアをOSと連携させるため、Intelは新しいスケジューラー「Thread Director」を開発し、Microsoftと協力して「Windows 11」向けに最適化してきた。

 2種類のコアを搭載したAlder Lakeは、パフォーマンスコア8つと高効率コア8つからなる最大16コア、高効率コア1つにつき1スレッド、パフォーマンスコア1つにつき2スレッドの計24スレッドに対応する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]