編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

顧客のファーストDXパートナーに--NSSOL注力領域「デジタル製造業」の勘所

阿久津良和

2021-08-26 07:15

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)は8月25日、2021~2025年の中期事業方針での注力領域の1つである「デジタル製造業」の事業戦略を説明した。新たなブランド「Planetary(プラネタリー)」を新設。同社は2025年度におけるデジタル製造業の目標売上高を750億円以上、年平均成長率(CAGR)を10%以上に定めている。

NSSOL 執行役員 DX&イノベーションセンター デジタル製造業センター 所長 佐藤文敏氏
NSSOL 執行役員 DX&イノベーションセンター デジタル製造業センター 所長 佐藤文敏氏

 Planetaryというブランド名について同社 執行役員 DX&イノベーションセンター デジタル製造業センター 所長 佐藤文敏氏は「惑星が軌道を回りながら(製造業をデジタルトランスフォーメーション化し)進化させる」と説明した。

「WillのDX」から「DXのCulture」へ

 製造業の現場では生産性向上や技術伝承など、課題を並びあげると枚挙に暇がない。政府も経済産業省が中心となって、デジタルトランスフォーメーション(DX)化を目指した「Society 5.0」に長年注力しているが、明確な結果を示したと述べられないことはご承知のとおりである。

 NSSOLは中期事業方針の中で「ファーストDXパートナー」を表明し、顧客とともにDX実現に向けて課題の解決を目指すことを示した。具体的にはデジタル製造業の他、プラットフォーマー支援、デジタルワークプレイスソリューション、ITアウトソーシングの4領域に注力して成長を目指す。

 佐藤氏は「デジタル製造業を一言で表すと『Will(意思)のDX』から『DXのCulture(文化)』へ。これがわれわれの基調である」と解説した。その意思の現れが新ブランドPlanetaryの存在意義である。

NSSOLが唱えるデジタル製造業の姿 NSSOLが唱えるデジタル製造業の姿
※クリックすると拡大画像が見られます

 Planetaryは「Will Orbit」と「Culture Orbit」の2つで構成。Will Orbitでは「テーマコンサルティング」「テクノロジーメニュー」がメイン、Culture Orbitでは「ビジネスデザイン」「データアセタイズ」がメインとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]