編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

Azureデータベースサービスの使い方--マイクロソフトが解説

阿久津良和

2021-09-04 07:00

 日本マイクロソフトは、Microsoft Azureに関する勉強会を定期的に開催している。9月3日の会合では、データプラットフォームに焦点を当て、RDBMSの「Azure SQL Database」や分析サービスの「Azure Synapse Analytics」などを取り上げた。

 Microsoft Azureでは複数のデータベース(DB)サービスが提供されているが、「ビジネス用途ならAzure SQL Database、開発者の使い勝手を踏まえるならPostgreSQLなど、利用シーンに応じて選択してほしい」(Azure ビジネス本部 マーケットデベロップメント部 シニアプロダクトマネージャー Azure SMEの廣瀬一海氏)という。

日本マイクロソフト Azure ビジネス本部 マーケットデベロップメント部 シニアプロダクトマネージャー Azure SME(領域専門家)の廣瀬一海氏
日本マイクロソフト Azure ビジネス本部 マーケットデベロップメント部 シニアプロダクトマネージャー Azure SME(領域専門家)の廣瀬一海氏

 Azure SQL Databaseの他には、「SQL Database」「Database for MySQL」「Database for PostgreSQL」、そしてMySQLのフォークとなる「Database for MariaDB」が提供されている。共通しているのは、クラウドの有用性を生かすための機能拡張だ。特にデータの蓄積が性能低下の原因になりやすいが、「インデックスの性能劣化を検知して助言する。例えば、アプリケーションの更新でCPUの負荷が発生した場合、(性能監視データを踏まえた)機械学習などを用いて監視や助言を行う」(廣瀬氏)という。

 また、高可用性や耐障害性を担保するためのバックアップデータも重要になる。廣瀬氏は、同社の経験として「不用意なクエリーのミスでデータを破損したが、前日の状況に戻すことができた。期間は30日だが、より長い期間も設定できる」と紹介した。

 Azure Active Directory(Azure AD)との連携によるセキュリティ監査や、エクスポート時におけるDBのデータ暗号化、SQLインジェクション攻撃に対するファイアウォールの強化などにより、クラウドでのRDBMS運用性能を強化している。

 なお、Azure SQL Databaseでは通常の「Single」、マルチテナントの「Elastic Pool」、SQL Serverとの互換性を高めた「Managed Instance」の複数の運用形式を用意しているが、「サーバーレスを選択すれば、スモールなDB環境を安価に構築できる」(廣瀬氏)とする。

Azure SQL Databaseの利用形態
Azure SQL Databaseの利用形態

 SQLやPython、.NET、Scala、Rなど複数の言語でデータ分析を行えるAzure Synapse Analyticsでは、Apache Sparkを使ったインメモリー分析も可能という。データ取得方法も各種パイプラインを用意する。現在はプレビューだが、統合データガバナンス機能を主体とする「Azure Purview」についても、「各所に保存したデータ管理が可能。AWS(Amazon Web Services)のS3にも対応している」と廣瀬氏。対応するデータ形式も多岐にわたり、Apache ParqueやApache Avroなどもサポートする。実装するデータラベリング機能の対象先として、SharePointやOneDrive for Businessを指定することで、組織外に情報が流出するとリスクに通じるキーワードを事前に検知できるという。

Azure Synapse Synapseの機能群
Azure Synapse Synapseの機能群

 また、Kubernetesサービスの管理を簡素化する「Azure Arc」は、Azure Kubernetes Service(AKS)をはじめ、Amazon Elastic Kubernetes Service(AKS)やGoogle Kubernetes Engine(GKS)、VMware Tanzu、Red Hat Open Shiftで稼働するコンテナー、物理/仮想マシンまでも管理するが、廣瀬氏によれば、各種のKubernetes環境をAzure Data Studio経由でアクセスできる点がメリットだとする。

 バックグラウンドやエンドユーザーへ提供するサービスをKubernetesで実行している場合、各コンテナーの動作状況やシステム負荷を監視し、適切な運用を実現したいと考える担当者は少なくないだろう。「(他のクラウドベンダーと同様に)各サービスに対して最適化を施している」と廣瀬氏はサービスの優位性を強調した。

Azure Arcが対応する範囲
Azure Arcが対応する範囲

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]