編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

Atlassian「Confluence」の脆弱性攻撃、日本でも発生確認

ZDNet Japan Staff

2021-09-07 18:13

 Atlassianの「Confluence」に存在する脆弱性「CVE-2021-26084」の悪用を狙う探索行為が日本で検知されたとしてJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月7日、ユーザーへの注意喚起を行った。パッチ適用や回避策の実施が急がれる。

 脆弱性は、「Confluence Server」「Confluence Data Center」の多くのバージョンに影響し、認証されていない遠隔の第三者が任意のコードを実行する恐れがある。Atlassianは8月25日に脆弱性に関するセキュリティガイダンスを公開している

 悪用攻撃については、米サイバー軍が9月3日に攻撃規模が急拡大しているとして、緊急警告を発した。攻撃者は、脆弱性を抱えるシステムをネットワーク越しに探索し、脆弱なConfluenceのサーバーにマルウェアを設置し、暗号通貨を不正に発掘するという。一部報道ではブラジルや中国、香港、ネパール、ルーマニア、ロシア、米国のホストから探索行為の通信が大量検出された。

 JPCERT/CCでは9月2日に第一報の注意喚起を行い、国内で実際に攻撃を検出したことからユーザーへ再度注意呼び掛けた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]