編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

IBM、Power10チップ搭載「Power E1080」サーバーを発表

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-09-09 14:08

 IBMが「Power10」プロセッサーを披露した約1年後の米国時間9月8日、同社はこのプロセッサーを搭載した初のサーバー製品「IBM Power E1080」を発表した。

IBM takes wraps off E1080 Power 10 server for hybrid cloud
提供:IBM

 IBMによると、7ナノメートルプロセスを用いたサムスン製プロセッサーのおかげでE1080は先行製品である「IBM Power System E980」に比べると、コアあたりの性能が30%向上し、ソケットおよびシステムレベルの総キャパシティーが50%増加するという。その結果、同一のワークロードで比較した場合、電力消費が33%削減されるという。また、E1080は専用ハードウェアの採用により、E980に比べると、人工知能(AI)推論が5倍高速化し、AES暗号に関するワークロードの実行が2.5倍高速化するという。

 IBM POWER Systemsの最高技術責任者(CTO)であるSatya Sharma氏は、「業務アプリケーションでAIを実装する際に、別途GPUアクセラレーション機能を搭載したシステムを用意する必要がなくなる」と述べた。

 また同社によると、このサーバーは「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「Red Hat OpenShift」での分単位の課金もサポートする計画であり、コアあたりのコンテナー化されたワークロードでのスループットはx86システムの4倍になるという。さらにハイブリッドモードでの「IBM Power Systems Virtual Server」と併用する場合、ワークロードはリファクタリングする必要なしにクラウドへと移行できるという。

 Sharma氏は「サーバーのストレージ入出力という観点に立ってわれわれがPower Systems Virtual Serverで選択したアーキテクチャーは、オンプレミス側とPower Systems Virtual Serverの能力の間で完全な整合性を有している」と述べた。

 IBMは、ある顧客の試算を引き合いに出し、126台のx86ベースのサーバーで稼働しているデータベースは、2台のE1080で置き換えられ、電力消費を80%削減するとともに、コアあたりのソフトウェアライセンスを70%削減することが可能だと主張している。

 Power10を搭載したシステムは、「IBM POWER9」互換モードや「IBM POWER8」互換モードでの実行が可能であり、実行中のワークロードをある物理マシンから別の物理マシンへと、シャットダウンせずに移行させる「Live Partition Mobility」(LPM)機能もサポートしている。

 IBMによると、E1080はSAPアプリケーションを8ソケットシステムで稼働させた際のベンチマークテストで、「HPE Superdome Flex」を40%上回る性能を記録したという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]