編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

アスリートの競技力と本番発揮力を向上--ウイングアーク1st、メンタルコーチングアプリを無償提供

藤本和彦 (編集部)

2021-09-16 14:12

 ウイングアーク1stは9月16日、スポーツメンタルコーチングアプリ「MAKiT」をiOS/Android向けに無償提供すると発表した。MAKiTでは、BMXフリースタイルで活躍するプロスポーツ選手、中村輪夢選手のスポーツメンタルコーチである柘植陽一郎氏によるコーチング理論を詰め込んだメソッドを提供する。

MAKiTの画面イメージ(出典:ウイングアーク1st)
MAKiTの画面イメージ(出典:ウイングアーク1st)

 具体的には、過去、現在、未来を自由に行き来できるタイムラインにより自分が目指すゴールを臨場感を得ながらシミュレーションする「タイムライン」機能や、到達したい目標と現状を細かい要素に分解し数値化・可視化することで成長実感を味わいながら日々のトレーニングに取り組む「目標設定」機能、練習や試合の終わった後に質問に答えることで技術面、コミュニケーション面、フィジカル面などに関して質の高い振り返りができる「自分会議」機能などを備える。これにより、「アスリートの競技力および本番発揮力」を向上するとしている。

 同社はこれまで、中村輪夢選手と所属スポンサー契約を締結し、運動データの分析や画像解析などを通じ、競技のパフォーマンス向上の最大化を目的としたスポーツテックによるサポートを行ってきた。

 今回のアプリを幅広いアスリートに活用してもらうことで、「スポーツメンタルを起点とした日本全体のスポーツ力を底上げしていきたい」という。今後は、より多くのアスリートやチームに利用拡大するため、ユーザービリティーの向上や機能強化をしていく予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]