編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

米銀大手ウェルズ、マルチクラウド採用へ--マイクロソフトAzure、グーグルと連携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-09-16 16:00

 米大手銀行Wells Fargoが新たなデジタルインフラ戦略を発表した。マルチクラウドのアプローチを導入するとともに、サードパーティーのデータセンターに移行する計画だ。「Microsoft Azure」と「Google Cloud」を同社のパブリッククラウドプロバイダーとして選択した。Microsoft Azureが主要なパブリッククラウドプロバイダーとなり、さらにGoogle Cloudがビジネスクリティカルなパブリッククラウドサービスを提供する。

 Wells FargoはAzureプラットフォームを活用し、銀行の機能全般で革新的なソリューションを生み出すとともに、戦略的なビジネスワークロードのための信頼性と安全性を備えた基盤を提供するとしている。Microsoftと連携し、重要なデータ、アナリティクスサービスを利用して、高度な顧客体験の提供や従業員のコラボレーションの強化などをはじめとするデジタル変革を加速させる。

 Google Cloudは、人工知能(AI)やデータのソリューションでWells Fargoをサポートし、顧客やクライアントのパーソナライズされた体験を強化できるようにする。

 Wells Fargoの発表から、マルチクラウド契約の現状が浮かび上がる。Google Cloudは、スタック全体に及ばないかもしれないが、ますますAIと機械学習のクラウドプロバイダーとして見られるようになっているようだ。エンタープライズ企業は複数のクラウドを自社のスタックに採用し、さまざまな機能を実現しようとしている。

 またWells Fargoは、サードパーティー所有のデータセンターに移行し、パブリッククラウドサービスを補完する。同社は、プライベートクラウド、従来のホスティングサービス、パブリッククラウドサービスを活用していくとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]