編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
調査

国内PaaS市場、2025年まで20%台の成長続く--IDC予測

ZDNet Japan Staff

2021-09-24 16:14

 IDC Japanは9月24日、国内のアプリケーションPaaS(Platform as a Service)およびインテグレーションPaaSの両市場に関する2020年実績と2021~2025年の予測を発表した。

 アプリケーションPaaSは、アプリケーション実行環境を提供するパブリッククラウドサービス。この市場の2020年実績は前年比20.2%増の367億6500万円で、2021年は22.7%増、2020~2025年の年間平均成長率を21.1%と予測している。

 同市場は、企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していく中でクラウドファースト戦略を強めるところが増え、ウェブアプリケーションの実行環境がオンプレミスからクラウドサービスへシフトし、アプリケーションPaaSの利用が拡大しているとする。また、ローコード/ノーコード開発プラットフォームとしてアプリケーションPaaSを利用する企業も増加していると解説。今後はコンテナー/Kubernetes、マイクロサービスによる実行基盤としての利用拡大も見込まれるという。

 一方のインテグレーションPaaSは、複数のアプリケーションあるいはデータソースの連携や統合管理を行うパブリッククラウドサービス。この市場の2020年実績は42.3%増の128億8000万円だった。2021年は38.7%増、2020~2025年の年間平均成長率を29.3%と予測している。

 インテグレーションPaaS市場拡大の背景には、オンプレミスとクラウドのハイブリッド、さらには複数のクラウド環境における連携や統合の増加があるという。アプリケーションやデータの連携、統合は、これまでパッケージソフトウェアが使われてきたが、ハイブリッド/マルチクラウドの利用拡大に伴い、API(Application Programming Interface)などの需要が高まっていくと同社では予想している。

国内アプリケーションPaaS/インテグレーションPaaS市場予測:2019~2025年、出典:IDC Japan、2021年9月
国内アプリケーションPaaS/インテグレーションPaaS市場予測:2019~2025年、出典:IDC Japan、2021年9月

 この予測についてソフトウェア&セキュリティ グループマネージャーの入谷光浩氏は、「DXの進展と新型コロナウイルス感染症を契機とした事業継続強化に向けて、クラウドサービスの利用はさらに拡大していく。その一方で、アプリケーションとデータは適材適所として複数のクラウドやオンプレミスに配置される傾向にある。企業は、アプリケーションPaaSとインテグレーションPaaSを活用し、分散されたアプリケーションとデータの流れを最適化あるいは自動化し、それらの活用度を高度化していくことが必要」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]