編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

カメラ映像から作業員の手や体の動きを自動検出--NEC、映像分析技術で工場の生産性向上

NO BUDGET

2021-10-01 15:39

 NECは9月30日、映像分析技術を活用して工場の生産性向上に貢献する「工場付加価値時間計測ソリューション」の販売を開始した。グローバルでの販売目標は3年間で1000ライセンスとしている。

 このソリューションは、工場内の組立・検査工程のカメラ映像から作業員の手や体の動きを自動で検出し、稼働状況を計測・分析することで生産性向上に貢献するもの。

 映像分析を活用することで、従来難しかった工程ごとの稼働状況の定量的な把握が可能になり、生産現場で日々行われている「カイゼン」の質を高め、生産性向上に活用できる。

 NECでは今後、同ソリューションで取得したデータと設備側で取得できるログとを組み合わせることでより高度な品質管理を目指すなど、技術支援や技術実証で顧客企業と連携を行いビジネス拡大に取り組む。

利用イメージ
利用イメージ(出典:NEC)

 自動検出した時間を組立・検査工程における付加価値時間と換算して計測し、計測したデータから稼動率の数値化や作業エリアごとの状況のグラフ化を行うことで、工程間の関連性やボトルネックとなっている工程を分析することができる。

 

 同ソリューションでは手・人などに特化した映像分析用の学習モデルの採用により分析処理にかかる負荷を低減している。これにより汎用的なCPUを搭載した小型の機器で映像分析が可能。さらに、システムの構築や設置場所ごとの詳細な設定も不要なため、安価かつ短期間での導入を実現できる。

 また、6カ月に1度のメジャーアップデートを組み込んだライセンスモデルを提供するため、常に最新の映像解析技術を利用することができる。希望小売価格は税別70万円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウド基盤

    あまり知られていない“クラウド導入の現情”─業界人が本音で語る!

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ施策の鍵を握る制御システム(OT)とITの統合、そのポイントと対策を解説

  3. 運用管理

    ダッシュボードは時代遅れ、最新クラウド分析で誰にでもパーソナライズされたインサイトを提供する方法

  4. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  5. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]