編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

永続ライセンス版「Office 2021」、価格などの詳細が明らかに

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-10-04 10:38

 Microsoftの生産性ソフトウェア「Office」は、1回限りの購入モデルとなる永続ライセンスと、サブスクリプションという2つの販売形態で提供されている。9月には、永続ライセンス版2種のうちの1つである法人や政府機関向けの「Office LTSC」がリリースされた。他方の「Office 2021」は「Windows 11」と同じく10月5日にリリース予定だ。Microsoftは米国時間10月1日、このOffice 2021について、さらなる詳細を明らかにした。

 一般ユーザーと学生向けのOffice 2021は、2バージョンでリリースされる。価格は「Office Home and Student 2021」が149.99ドル(約1万7000円)、「Office Home and Business 2021」が249.99ドル(約2万8000円)で、いずれのバージョンも「Windows」と「macOS」でサポートされる。Office Home and Student 2021には、「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」「Microsoft Teams」が含まれる。Office Home and Business 2021には、さらに「Outlook」が加わり、ビジネス目的で使用するライセンスが付与される。

 MicrosoftはOffice 2021とサブスクリプション版の「Microsoft 365」で、アプリのデザインをアップデートしたことも明らかにした。具体的には、丸みを帯びた角、「中間色パレット」、リボン(ウィンドウ上部にあるツールバーのセット)内の刷新されたタブ、アプリケーションのテーマとWindowsのライトモードまたはダークモード間の同期などだ。Microsoft 365とOffice 2021は、Windows 11と「Windows 10」に対応する。

 同社は、Microsoft 365の契約者にすでに提供しているいくつかの特徴もOffice 2021に追加する。Excelでは関数の使い方が改善され、PowerPointではプレゼンの録画が容易になり、各アプリケーションに挿入できる画像やアイコンを含むコンテンツライブラリーが拡充される。

 同社は、Microsoft 365のデザインのアップデートを5日から開始する。また、10月から11月にかけてMicrosoft 365とOffice 2021の両方に個人向けTeamsを追加するという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]