編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ストラタス、高可用性エッジサーバーの新モデルを発表

ZDNet Japan Staff

2021-10-12 11:15

 日本ストラタステクノロジーは10月12日、高可用性エッジサーバーの新モデル「Stratus ztC Edge 200i/250i」を発表した。Intel XeonプロセッサーやNVMeストレージなどの採用で高性能化を図り、より広範な用途に対応できるようにしたという。

 ztC Edgeシリーズは2018年に初代がリリースされ、今回は第2世代モデルとなる。CPUをIntel Core i7からIntel Xeon Wに、SSDストレージをNVMeとすることで、処理性能を1.6~2倍に向上させた。片方のノードが故障した際にハードウェアを入れ替えるだけで復旧できる「ゼロタッチ」に対応するほか、ztC Edge 250iは初代と同様に2ノードの冗長構成による無停止運用(FTモード)と再短時間での再起動/継続処理運用(HAモード)を選択できる。

「Stratus ztC Edge 200i/250i」(写真:日本ストラタステクノロジー)
「Stratus ztC Edge 200i/250i」(写真:日本ストラタステクノロジー)

 また、新モデルから多数のノードによる大規模導入、運用管理に対応すべく、ウィザード形式の設定操作やクラウドコンソールサービス「ztC Advisor」による集中管理が行える。動作可能温度はマイナス20~60度で、10年間の長期サポートを行う。保守メニューの内容も新モデルから拡充される。

 ztC Edge200iは、CPUがIntel Xeon W-1250TE(2.4GHz)、32GBメモリー、1TBストレージ構成のローエンドモデルで、冗長構成時の販売価格は145万円。ztC Edge 250iはCPUがIntel Xeon W-1290TE(1.8GHz)、64GBメモリー、2TBストレージ構成のハイエンドモデルで、冗長構成時の販売価格は215万8000円。同社では販売初年に200セットの提供を見込んでいる。

 代表取締役社長の松本芳武氏によると、初代モデルはグローバルで約1000ノードが出荷され、約8割が本番環境、約2割が概念実証(PoC)の用途だという。本番環境の利用は、主に石油プラントなどのエネルギー関連設備や鉄道の信号システムなど社会インフラ関連で、国内では特に自動車製造での生産ラインの運用に使われているとした。

 エッジコンピューティングは、データセンターから離れたデータ発生源に近い場所で情報処理を行う仕組みで、IoT機器の普及拡大やクラウド(データセンター)と連携したAI(人工知能)アルゴリズムの利用などで需要が広がるとする。「最近では10~100ノードといった規模の大きな導入ケースも増えており、新モデルでは高可用性・高信頼性を継承しつつ大規模利用に即した性能の向上と、容易な導入設定や集中管理のための機能を新たに追加した」(松本氏)

 エッジコンピューター市場にはx86サーバーベンダーも多数参入しており、競争が本格化しつつあるが、松本氏は「金融システムを皮切りに定評のある無停止・高可用性の特徴をエッジ領域でも担保しており、高信頼性が要求されるシステムとして優位性を発揮したい」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]