編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

見込み客の生成/選別を自動化--日本オラクルが「Oracle Fusion Marketing」を発表

藤本和彦 (編集部)

2021-10-07 14:49

 日本オラクルは10月7日、同社顧客体験(CX)製品の最新アップデートに関する報道機関向けのオンライン説明会を開催。9月20日にグローバルで発表された「Oracle Fusion Marketing」について説明した。

日本オラクル 執行役員クラウド・アプリケーション事業統括 CXクラウド事業本部の桑野祐一郎氏(左)と日本オラクル 理事 クラウド・アプリケーション事業統括 CXソリューション・エンジニアリング本部の竹内尚志氏
日本オラクル 執行役員クラウド・アプリケーション事業統括 CXクラウド事業本部の桑野祐一郎氏(左)と日本オラクル 理事 クラウド・アプリケーション事業統括 CXソリューション・エンジニアリング本部の竹内尚志氏

 日本オラクル 執行役員クラウド・アプリケーション事業統括 CXクラウド事業本部の桑野祐一郎氏は記者会見で、営業とマーケティングの課題について、「営業は商談確度の低いリードを大量に受け取っている」「マーケティングチームは複数の連携されていないシステムを利用している」「営業支援システム(SFA)は管理するためのシステムになっている」と指摘。加えて、「マーケティング担当者が生成したリード(見込み客)の50%は使われずに終わっている」(同氏)とした。

 商談の機会を創出するリード生成プロセスをどう改善できるかについては、より販売に注力したシステムであること、人工知能(AI)などで作業負荷を軽減すること、全てのチャネルで一貫したメッセージを発信することが理想だと桑野氏は述べる。

Oracle Fusion Marketingの構成イメージ(出典:日本オラクル)
Oracle Fusion Marketingの構成イメージ(出典:日本オラクル)

 Oracle Fusion Marketingの詳細は、日本オラクル 理事 クラウド・アプリケーション事業統括 CXソリューション・エンジニアリング本部の竹内尚志氏が説明した。同製品は「Oracle Advertising and CX」の一部として提供され、マーケティングチームとセールスチームの強化も目的としている。マーケティング担当者は広告チャネルを含むマーケティングキャンペーンを容易に作成でき、AIを使用して会社単位にリードを自動的にスコア付けすることで、顧客が営業担当者と対話を開始するタイミングを予測し、確度の高い商談を自動的に任意の顧客関係管理(CRM)システムに生成する。

 リードの生成から選別のプロセス全体をエンドツーエンドで自動化することで、マーケティングキャンペーンの作成と実行を簡略化、迅速化するほか、マーケティング担当者は広告とメールのチャネルを通して一貫したメッセージを持ったキャンペーンを数分間で作成し、簡単に実施できる。これによりキャンペーンのパフォーマンスを向上させ、確度の高い商談を増加できるという。

 また、統合ダッシュボードで、広告/メールキャンペーンのパフォーマンスを測定し、マーケティング活動が営業パイプラインに与える影響を容易に測定・理解できるようになっている。企業アカウントレベルでリードを集約し、評価後にスコアの高いものが営業商談情報に昇格され提供される。商談の準備ができているリードがCRMに商談情報として直接配信されるため、営業による迅速なフォローアップが可能という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]