編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「撮影」だけで体重管理--NTTテクノクロス、豚の繁殖を手助けする新システム

大場みのり (編集部)

2021-10-11 16:18

 NTTテクノクロスは10月11日、母豚(ぼとん:繁殖用雌豚)を撮影するだけで繁殖に最適な増体(体重の増減)管理を実現するシステム「any-condition」を提供すると発表した。同システムは10月26日に発売される。

 養豚経営を左右する重要な要因として、繁殖成績の向上が挙げられる。高い繁殖成績を上げるには、飼養環境や給餌・給水を適正に管理することが重要となる。中でも給餌管理による母豚の増体コントロールは、健康な子豚を多く出産することにつながる。

 通常200kg以上もある母豚向けの体重計はコストや労力を要するため、導入している養豚場は少ない。母豚の増体を測定する簡易的な手法として、目視や触診による太り具合の測定や、超音波による背脂肪厚の測定が取り入れられている。だが、どちらの手法も測定者によって誤差が発生したり、測定作業に労力を要したりするといった課題があった。

 NTTテクノクロス、山形県養豚研究所、伊藤忠飼料は2年間にわたる共同研究により、母豚の増体変化には胸囲が最も相関関係が高いことを発見した。NTTテクノクロスは、自社の豚体重推定システム「デジタル目勘(めかん)」の技術やノウハウを活用し、母豚の胸囲から増体を可視化する同システムを開発した。

any-conditionの利用イメージ(出典:NTTテクノクロス)
any-conditionの利用イメージ(出典:NTTテクノクロス)

 any-conditionは、利用者が母豚の背中を撮影すると胸囲を推定するため、従来より手軽に素早く計測することができる。また、推定した胸囲から母豚の太り具合を自動評価する。増体推移はグラフでも確認可能なため、利用者は熟練の知識や勘がなくても給餌量を調整することができる。飼料コストの最適化も期待される。

 加えてデータを蓄積することで、農場ごとの増体推移曲線を作成できる。増体変化と繁殖成績のひも付けにより、繁殖傾向の可視化や分析が実現し、繁殖成績の改善につながる。

 税別の参考価格は、母豚が100頭以上の場合、初期導入費が7万2000円から、年間ライセンス費が2万8000円から。母豚が1000頭以上の場合は、初期導入費が60万円、年間ライセンス費が24万円。上記のほか、約10万円の機材一式(スマートフォンや深度センサーなど)が必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]