編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

三井情報が「Box運用支援サービス」提供--利用時の課題を解決

NO BUDGET

2021-10-12 11:34

 三井情報はコンテンツクラウド「Box」の利用を検討している、あるいは利用中の企業向けに「Box運用支援サービス」の提供を開始した。同社はこれまで3000社以上にBoxの販売とサポートを提供している。

 同サービスでは、Boxの運用で発生する定型作業を代行する「定型作業代行サービス」と、企業がBoxを利用する上で抱える課題を解決する「課題解決支援サービス」をそれぞれ月額制で提供する。

 定型作業代行サービスでは、主に申請受付を通じてユーザ登録・グループメンバー登録・フォルダ招待などの定型運用を随時代行する。指定のサイクルに従って、定型レポートの提出なども代理で実行する。

 課題解決支援サービスでは、Box活用に向けたさまざまな運用の自動化や他システムとの連携、大規模改組への対応といったBox運用に関する課題や要望の実現案を検討し、企業に応じた解決策を提案して実行する。

 同サービスの参考価格(500ID以上での利用の場合)は、定型作業代行サービスが月額25万円から。課題解決支援サービスが月額24万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]