編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

TANAKAホールディングス、経営情報基盤にSAP S/4HANA Cloudを導入

NO BUDGET

2021-10-13 06:00

 TANAKAホールディングスは、経営資源の効率化と経営への情報提供基盤を構築するため、SAPソリューションの導入プロジェクトに取り組み、10月に稼動を開始した。SAPジャパンが発表した。システムの構築プロジェクトは、クニエと富士通が支援した。

 このプロジェクトでは、会計・購買領域の国際標準化を見据えた新たなシステムの構築と、多層化した社内ITシステムの再構築・統合、取引先などとの連携強化を進めるために必要となるIT基盤の構築に取り組んだ。

 基盤の中核にはSAP S/4HANA Cloud、取引先マスタの一元管理にはデータをビジネスバリューに転換し、エンドツーエンドのビジネスプロセスを構築するSAP Business Technology Platformを採用している。

 TANAKAホールディングスは、田中貴金属グループの中心となる持株会社。グループの戦略的かつ効率的な運営とグループ各社への経営指導を行っている。今回の基盤構築で経営情報の可視化が実現され、同社ではさらなるビジネス拡大を目指す。今後は国外関連子会社、販売現地法人への展開を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]