編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

JCB、次世代システム基盤のコンテナーセキュリティを強化

NO BUDGET

2021-10-13 16:41

 国際カードブランドを運営するJCBは、次世代システム基盤のコンテナーセキュリティ強化のために、パロアルトネットワークスのクラウドネイティブセキュリティプラットフォーム「Prisma Cloud」を導入した。パロアルトネットワークスが10月12日に発表した。

 JCBが進めるデジタルトランスフォーメーション(DX)の中核となるのが次世代システム基盤「JCB Digital Enablement Platform(JDEP)」。同基盤はマイクロサービスアーキテクチャーを取り入れ、Kubernetesでアプリケーションを格納したコンテナーを管理している。

 そこで同社では開発の速度を損なわずにコンテナー環境でのセキュリティ対策がとれるソリューションを選定することとなった。

 Prisma Cloudはコンテナーワークロードを監視・保護する「CWP(Cloud Workload Protection)」やデータセキュリティ、IAMセキュリティ、クラウドの設定・入力ミスを防ぐ「CSPM(Cloud Security Posture Management)」の機能を備えていることが採用の決め手となった。

JCBのPrisma Cloud活用イメージ
JCBのPrisma Cloud活用イメージ

 同社は、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)環境にPrisma Cloudを組み込むことで、インシデント管理ツールと連携して、脆弱性の検知やコンプライアンスチェックを自動化させた。これにより人手による運用負荷の軽減や開発ライフサイクル全体でのセキュリティ強化を実現した。

 今後は、他の事業ポートフォリオのアプリケーションについても、Prisma Cloudを組み込んだ次世代システム基盤で開発を進めていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]