NEC、プライマリーストレージの新機種--VDI高速化などに対応

ZDNET Japan Staff

2021-10-15 10:10

 NECは10月15日、ハイエンドプライマリーストレージの新機種「iStorage V シリーズ」を発表した。仮想デスクトップ環境(VDI)や人工知能(AI)など高負荷処理に対応する。29日に出荷を開始する。

 新機種はNVMe SSDを採用し、従来モデルのiStorage M シリーズに比べてTurn Around Timeが最大88%削減されるなどの高速処理を実現した。データの重複排除と圧縮の機能を活用してVDI環境の場合は、データ量を最大98%削減(同社試算)できるとする。

 また、ストレージ筐体間でデータを二重化して可用性を確保できる。ストレージコントローラーで暗号鍵を生成する暗号化機能を搭載し、データの保護と高速処理の両立を図っている。ストレージ仮想化機能も備え、既存のストレージ資産を仮想的に統合して単一のストレージボリュームとして容量を効率的に利用することもできるという。

NEC iStorage V300
NEC iStorage V300

 ラインアップは、V100(ファイバチャネル最大16ポート、キャッシュ容量192GB、2CPU)とV300(ファイバチャネル最大24ポート、キャッシュ容量768GB、4CPU)で、それぞれにストレージコントローラーでの暗号鍵生成のあり/なしモデルを用意する計4種類となる。

 最小構成(装置本体、1.92TB SSD×3、10GB iSCSI Copper 4ポートなど)での税別価格は、V100のストレージコントローラー暗号鍵生成なし(非暗号化)モデルが475万円から、V300のストレージコントローラー暗号鍵生成あり(暗号化)モデルが1126万円からとなっている。

 同社では導入時のサイジングなどを事前に無償で測定、算出する「仮想化アセスメントサービス」も提供する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]