編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

多摩美術大学、リモートアクセスサービス導入で在宅ワーク環境を整備

大場みのり (編集部)

2021-10-15 15:01

 多摩美術大学は在宅勤務の実施に向けて、リモートアクセスサービス「NinjaConnect Telework」を導入した。同サービスを提供するe-Janネットワークスが10月15日に発表した。

 同社はNinjaConnect Teleworkについて、シンプルな機能とリーズナブルな価格を両立しており、専任のIT担当者を確保できない中小企業でも容易に導入できるとしている。

 多摩美術大学では、キャンパスでの学生への対応が必要なことに加え、学生の個人情報を学外に持ち出すことができないなどの理由から、職員の在宅勤務は一部の業務に限られていた。だがコロナ禍が続く中で、在宅勤務を安全に行うための環境整備を検討するようになった。

 同大学はNinjaConnect Teleworkを採用した理由として、PCへの専用プログラムのインストールやアップデートの対応が不要で、利用者が簡単に利用できる点を挙げる。また、クラウド型のリモートアクセスサービスの場合、パンデミックなどで利用者が急増するとログインに時間がかかるなどの障害が発生する懸念がある。コロナ禍を受けて在宅勤務を実施する今回の場合、オンプレミス環境に専用コネクターを設置する同サービスが適していると判断した。

 現時点ではBCP(事業継続計画)の一環として非常時の利用を想定しているが、職員の希望があれば働き方の一つとして通常時も使うことを予定している。多摩美術大学は、在宅勤務の推進により働きやすい環境を整え、ワークライフバランスを充実させるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]