編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
調査

デジタルアダプション市場、前年度比で4倍に急成長--2025年度には40億円規模に

NO BUDGET

2021-10-25 11:12

 アイ・ティ・アール(ITR)は、国内におけるデジタルアダプション基盤の市場規模について、これまでの推移と今後の予測を明らかにした。

 デジタルアダプション基盤は、新たに活用を開始したビジネスアプリケーションやウェブシステムなどの利用の定着を支援する製品/サービスを指す。ビジネスアプリケーションやウェブシステムなどの活用状況の分析や操作上の問題点の洗い出しを行い、活用の定着を促すためのガイダンスやコンテンツの作成・配布などを行う機能が含まれる。

 ユーザー視点では生産性の向上やヘルプデスク業務の削減などを、ベンダー視点では利用ユーザーやシステムの拡大、利用定着率の向上などを期待できる製品/サービスとして注目されている。

2019〜2025年度のデジタルアダプション基盤市場の推移と予測
2019〜2025年度のデジタルアダプション基盤市場の推移と予測(出典:ITR)

 2020年度の売上額は前年度から4倍の4億円となった。参入ベンダーの増加とともに急速に市場の認知度が高まっている。ITRでは、2021年度の売上額は同3倍に拡大すると見込んでいる。

 また同市場の2020〜2025年度の年平均成長率(CAGR)は58.5%、2025年度の市場規模は2020年度の10倍となる40億円に達すると予測している。

 ITRでは、同市場について、アプリケーションの導入効果を高めたいユーザー企業のほか、SaaSベンダーによるUI/UXの改善を目的とした導入も見込まれ、今後のニーズはさらに高まると予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]