編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

マイクロソフト、SAPやオラクルと「Power Platform」の連携強化へ--Clear Software買収

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-10-25 10:27

 Microsoftは米国時間10月22日、Clear Softwareを買収したと発表した。Clear Softwareは、iPaaSとビジネスプロセスソリューションを提供しており、SAPやOracleとのインテグレーションに力を入れている。買収条件は明らかにされていない。

Microsoft acquires Clear Software to improve connectivity with SAP, Oracle
提供:Microsoft

 Microsoftによると、Clear SoftwareのAPIアクセスやバックエンドシステムの知識を活用することで、「Power Platform」と外部のSoR(System of Record)との統合を強化できるという。Clear Softwareの製品は、SAPやOracle向けに100を超えるビルド済みアブストラクションを提供しており、各組織のニーズに応じたUIでカスタマイズも可能だ。MicrosoftのPower Platformは、「シチズンデベロッパー」(開発専門職ではないプログラマー)が利用できる一連のローコード/ノーコードツールで、「Power Automate」「Power Apps」「Power BI」などで構成されている。

 Power AutomateのパートナーゼネラルマネージャーStephen Siciliano氏は、この買収を発表するブログ記事で、「顧客がPower Platformを用いてビジネスアプリケーションを開発する際に、さまざまなシステムと容易に統合できるようにしたい。Clear Softwareが有する統合機能で、Power AppsやPower Automateを使用して、SAPやOracleといった複雑なシステムと連携するビジネスアプリケーションや自動化を実現する際のエクスペリエンスがよりシームレスなものになる」としている。

 Microsoftは、今後どのようなかたちで同社の製品群にClear Softwareのテクノロジーを組み込んでいくのかについて、後日詳細を明らかにするとしている。

 Clear Softwareはインディアナ州ジオンズビルを拠点とする。ERP導入の専門性を持つDeloitte、Accentureの元コンサルタントが創業した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]