編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

NTTドコモ、NTT ComとNTTコムウェアを子会社化--新ブランドも

ZDNet Japan Staff

2021-10-25 16:04

 NTTドコモは10月25日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とNTTコムウェアを子会社化し、新たな法人事業ブランド「ドコモビジネス」の立ち上げを発表した。ドコモグループとして産業および社会のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するとしている。

NTTドコモによるNTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアの子会社化の狙い(NTTドコモの報道向け説明資料より)
NTTドコモによるNTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアの子会社化の狙い(NTTドコモの報道向け説明資料より)

 子会社化はいずれも2022年1月1日を予定する。NTT Comについては、NTT Inc.が保有するNTT Comの全株式をドコモに移管する。NTTコムウェアについては、日本電信電話(NTT持株会社)が保有するコムウェア株式の一部をドコモに移管する。移管後におけるドコモの両社の持分比率は、NTT Comについては100%、NTTコムウェアについては66.6%になる。

NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアの統合計画(NTTドコモの報道向け説明資料より)
NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアの統合計画(NTTドコモの報道向け説明資料より)

 ドコモは、NTT Comとコムウェアの子会社化によって、2022年度第2四半期頃に3社の経営方針を統一し、機能の統合と事業責任の明確化を進めると説明。モバイル、ソフトウェア、クラウドなどのサービス、ソリューションを事業領域として、特に法人向け事業では顧客へのワンストップサービスの提供、移動体通信と固定網通信を融合したネットワークを実現するとする。

新ブランドのロゴ(NTTドコモの報道向け説明資料より)
新ブランドのロゴ(NTTドコモの報道向け説明資料より)

 これに伴ってドコモ、NTT Com、コムウェアの法人事業で統一ブランド「ドコモビジネス」を立ち上げ、大企業から中小企業までの法人顧客に、5G(第5世代移動体通信サービス)やIoT(モノのインターネット)を含むデジタルソリューションを展開。2025年度に法人事業で2兆円の売り上げを計画している。

ドコモのIT事業方針(NTTドコモの報道向け説明資料より)
ドコモのIT事業方針(NTTドコモの報道向け説明資料より)
NTTコミュニケーションズの法人事業方針(NTTドコモの報道向け説明資料より)
NTTコミュニケーションズの法人事業方針(NTTドコモの報道向け説明資料より)
NTTコムウェアの法人事業方針(NTTドコモの報道向け説明資料より)
NTTコムウェアの法人事業方針(NTTドコモの報道向け説明資料より)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]