編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Power Automate Desktop」で競合製品の価格調査を自動化する

阿久津良和

2021-11-02 07:30

 今回はECサイトで競合製品の価格を毎日巡回し、日次や週次で報告するためのデータを生成する「Power Automate Desktop」(PAD)のフロー作成に取りかかる。

 事前準備として、Microsoftの公式サイトからPADのクライアントをインストールし、使用するウェブブラウザーの拡張機能を導入しなければならない。

 ここではスクレイピング(情報抽出)先としてAmazon.co.jpを使用しているが、同サイトはロボットなどによるデータ収集・抽出ツールの使用は許可していない。あくまでも一例であることを了承してほしい。

1.リストを作成
2.Google Chromeを起動
3.ECサイトから特定商品の価格を抽出
4.不要な文字列を削除
5.改行コードを削除
6.価格を文字列から数値に変換
7.実行日時を取得
8.実行日時と加工した価格をリストに格納
9~11.保存するCSVファイルを作成
12.CSVファイルにデータを保存
13.Google Chromeを終了

 以上がフローの概要だ。

 ステップ4~6はAmazon.co.jpで取得できるのが「¥ 1,000」という文字列であり、先頭の「¥ 」や改行が不要であるため必要な処理である。また、ステップ9~11はPADにファイルを生成する機能がないため、初回実行時にファイルが存在しない場合は「copy nul foo.csv」を実行してファイルを新規作成する処理を加えた。

フローの全体像 フローの全体像
※クリックすると拡大画像が見られます

 それではポイントとなる機能を個別に紹介しよう。一般的なプログラミングと同じく、PADも事前準備が必要だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]