編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

GitHubのフリードマンCEOが退任へ--現CPOが後任に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-11-04 14:16

 Microsoft傘下のGitHubで最高経営責任者(CEO)を務めるNat Friedman氏が退任し、同氏のルーツであるスタートアップ関連の取り組みに戻るという。同氏が米国時間11月3日にGitHubブログを通じて発表した。15日からは、現在GitHubの最高製品責任者(CPO)を務めているThomas Dohmke氏が新CEOに就任する

 これにともない、Friedman氏はGitHubの「名誉会長」に就任する。

 GitHubは現在、MicrosoftのエグゼクティブバイスプレジデントであるScott Guthrie氏直属だが、まもなくJulia Liuson氏の監督下に置かれることになる。Liuson氏は今回の変更の一環として開発者部門のプレジデントに昇進し、Dohmke氏はLiuson氏の直属となる。

 Dohmke氏はGitHubに加わって3年余りで、それ以前はMicrosoftでプログラムマネージャーのチームを率いていた。同氏はモバイルクラッシュ分析とアプリの配信を手掛けていたHockeyAppの創業者であり、2014年のMicrosoftによる買収を経て同社に移籍した。

 Microsoftは2018年にGitHubを75億ドルで買収した。多くの業界ウォッチャーは、MicrosoftがGitHubのリポジトリーでホストできるコードの種類を制限しようとするのではないかと懸念したが、そのようなことは起こらなかった。Friedman氏の下、GitHubは独自のツールとポリシーを大きく発展させ、多くの開発者の好評を得ている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]