編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
米ZDNet編集長Larryの独り言

IBMから分社化完了--Kyndrylが見据える戦略、待ち受ける課題

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-11-05 11:37

 IBMから米国時間11月3日に分社化し、マネージドインフラサービス大手として独立したKyndrylは4日、公開企業としてニューヨーク証券取引所に上場した。同社の行く手には、イノベーションの促進、売上高の成長、一体感のある従業員文化の形成など、さまざまな課題が待ち受けている。

 Kyndrylの最高経営責任者(CEO)Martin Schroeter氏は、最初の投資家説明会で、Kyndrylは「イノベーションへの注力を強化して、新たな市場機会を開拓し、当社の経験とIPを活用して顧客に貢献していく」と述べた。

 Kyndrylは、売上高190億ドル(約2兆1000億円)と従業員約9万人を擁する最大規模のインテグレーターとなる。Gartnerによると、同社はインプリメンテーションサービスのリーダーとなり、DXC、Atos、富士通、Accentureが続く。

 Kyndrylは63カ国で事業を行い、75万台の仮想サーバー、27万台のネットワーク機器、そして2万5000台のSAPおよびOracleのシステムを管理する。

 Schroeter氏の計画は今後、インプリメンテーションサービスとマネージドサービスを、より成長が見込める分野へと拡張するというものだ。つまりKyndrylは、インテリジェントな自動化、データサービス、クラウドサービス、セキュリティなどで、より多くの価値を提供することで、デジタル変革を支援したい考えだ。

 企業はデジタル変革に着手しており、Kyndrylが顧客のインフラを簡素化する中でも、同社は拡大する時間があるとみている。また、顧客が環境、社会、ガバナンスの課題に対処できるように、ESGプラットフォームと戦略を提供するという。

 Kyndrylが目指す主要分野は、以下の通り。

  • ストレージシステムの管理にとどまらず、データエンジニアリング、オーケストレーション、キューレーションに重点を置いたデータサービス。下記の分野を中心にサービスを提供していく。
  • 「IBM Cloud」を超えた、より広範なエコシステムを対象としたクラウドインフラサービス。
  • アプリケーション、データおよび人工知能(AI)マネジメント
  • デジタルワークプレイスサービス
  • セキュリティとレジリエンス
  • ネットワークとエッジコンピューティング

 Kyndrylは実際に、拡大できる顧客基盤を有している。4000社以上の顧客を抱えていながら、上位10社からの売上高の15%だという。同社はFortune 100の75%に相当する企業を顧客に持つ。顧客関係の平均年数は10年以上だという。

 今後は、同社の軸足をインプリメンテーションからイノベーションへと移すことが課題となるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]