編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Google Cloud、米先物取引所運営大手CMEに約1100億円出資--クラウド移行に向け提携

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-11-05 12:20

 Google Cloudと先物取引所運営大手CME Groupは米国時間11月4日、10年間の戦略的提携関係を発表した。その一環としてGoogleはCMEに10億ドル(約1100億円)を出資しているという。CMEは2022年より、同社の技術インフラをGoogle Cloudに移行する。CME Groupは100年の歴史を持つ企業だ。

 CME Groupはまず、データおよびクリアリングサービスを移行し、最終的には全市場をクラウドに移す計画だ。スムーズに移行するため、顧客と密接に連携し、段階的なアプローチを取るとしている。また、このパートナーシップによって、CME Groupは新たな製品やサービスをより早く提供できるようになると述べている。

 CME Groupの会長兼最高経営責任者(CEO)Terry Duffy氏は声明で、「当社はGoogle Cloudとの長期的関係により、テクノロジーで先物市場を変革し、すべての市場参加者のためにアクセス拡大と効率の改善を図る」と述べた。

 Google Cloudは、いくつかの主要な業界をターゲットとしており、金融サービスはその1つとなる。この業界では、クラウドの活用を進め、新たな機能を実現しようとする動きがますます活発になっている。

 CME Groupは、Google Cloudを活用し、市場参加者のアクセス拡大、コストの最適化、新規ユーザーの容易なオンボーディングを実現するとしている。また、Google Cloudのデータ分析と機械学習ツールも活用する。さらにGoogleと共同で、リスク軽減ツールや分析サービスなどの新製品の開発を行う。

 Google Cloudによる10億ドルの出資は、CME Groupの議決権のない転換優先株式の取得というかたちで行われた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]