編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

マカフィー、投資家グループが140億ドル超で買収へ

Jonathan Greig (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-11-09 11:36

 サイバーセキュリティ大手のMcAfeeは、投資家グループが同社を140億ドル(約1兆6000億円)超で買収することで合意したと発表した。

 買収は全額現金で行われる。Advent International Corporation、Permira Advisers、Crosspoint Capital Partners、カナダ年金制度投資委員会、GIC Private、およびアブダビ投資庁の100%子会社が率いる投資家グループが、McAfeeの普通株を1株あたり26ドル(約3000円)で買い取る。4日のMcAfee株の終値21.21ドルを22.6%上回る額となる。買収手続きは2022年上半期に完了する見通しだ。取引が完了すれば、McAfeeは株式非公開企業となる。

 McAfeeは3月、法人向けセキュリティ事業をSymphony Technology Group(STG)が率いるコンソーシアムに40億ドル(約4500億円)で売却することで合意したと発表した。2017年4月にIntelから独立して以来、クラウドサービスへと舵を切り、法人向け製品ポートフォリオに重点を置くプラットフォームの構築に取り組んできた。現在は焦点を絞り、リソースをコンシューマー向け事業に振り向けて長期的な成長を目指している。

 McAfeeの最高経営責任者(CEO)Peter Leav氏は当時、「今回の取引(法人向け事業の売却)によって、McAfeeはコンシューマー向け事業に専念し、コンシューマー向けパーソナルセキュリティ分野のリーダーになるという戦略を推進できるようになる」と述べていた。

 McAfeeの法人向け事業は10月、FireEyeの事業と統合された。FireEyeは6月、「FireEye」製品事業を、STGが率いるコンソーシアムに12億ドル(約1300億円)で売却すると発表し、10月に取引を完了したことでMcAfee EnterpriseとFireEyeの統合も完了した。

 McAfeeは2020年10月に新規株式公開(IPO)を完了した。TPG CapitalとIntelは引き続き、同社の株主となっていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]