編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

米司法省、「REvil」ランサムウェア攻撃関与の2名を起訴

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-11-09 12:17

 米司法省(DoJ)は米国時間11月8日、悪名高い「REvil」ランサムウェアの背後にいるサイバー犯罪グループに関与した疑いで2名の容疑者を起訴したと発表した。

Colonial Pipeline
提供:Getty

 DoJによると、ウクライナ人のYaroslav Vasinskyi容疑者(22歳)は、7月に発生したソフトウェア企業Kaseyaへの攻撃など複数のランサムウェア攻撃に関与した。Kaseyaのソフトウェアのサプライチェーンを狙った攻撃で、教育機関や小売業者、鉄道関連など数多くの組織が影響を被ったとみられている。

 またDoJは、2019年8月にテキサス州の複数の企業や政府機関に対し、Revilによるランサムウェア攻撃を実施したとしてYevgeniy Polyanin容疑者(28歳)を起訴し、同容疑者が身代金として受け取ったとされる610万ドル(約7億円)を押収したと発表した。

 複数の大規模攻撃の発生を受け、米国内外の政府関係者はランサムウェアやサイバー犯罪者との戦いのための取り組みを強化している。

 REvilとつながりのあるサイバー犯罪者らは、米国でガソリン不足を引き起こした石油パイプライン大手Colonial Pipelineに対する5月のランサムウェア攻撃に関与した疑いが持たれている。REvilは、世界最大手の食肉加工会社JBSを操業停止に追い込んだ5月のサイバー攻撃にも関与していたとされている。

 これに先立って、欧州刑事警察機構(ユーロポール)は現地時間11月8日、REvilランサムウェアを使用したサイバー犯罪への関与の疑いで2人の人物がルーマニアで逮捕されたことを明らかにした。また、この2人とは別に、REvilに関与する3人の容疑者と、ランサムウェア「GandCrab」に関与する2人の容疑者が2月以降に逮捕されたことをユーロポールは明らかにした。声明によると、世界17カ国および複数の国際法執行機関による共同捜査作戦「GoldDust」が、これらの容疑者全員の検挙につながったという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]