編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

NVIDIAのGTCイベント--「Omniverse」拡充、エンタープライズAI、量子コンピューティング関連など

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-11-10 14:44

 NVIDIAは企業が「Omniverse」を活用できるようにするためのさまざまな施策を発表した。さまざまなワークフローを仮想空間に拡張するためのプラットフォームであるOmniverseの拡大計画は、米国時間11月8日から開催されている秋の「Graphics Technology Conference(GTC)2021」で発表された内容の1つだ。

A synthetic camera image and corresponding ground-truth data showing instance
segmentation generated by Nvidia DRIVE Sim powered by Omniverse Replicator.
提供:NVIDIA

 NVIDIAの最高経営責任者(CEO)Jensen Huang氏は、「Omniverseが倉庫、施設や工場、そして物理的、生物学的なシステムのデジタルツイン、5Gエッジ、ロボット、自動運転車、さらにはアバターをシミュレーションするためにどう利用されるかというのは、絶えず目にするテーマだろう」と述べ、同社のOmniverseに対する取り組みのスケールを強調しながら、同社は今後、気候変動のシミュレーションと予測を行うためのデジタルツイン「E-2」(Earth Two)を構築すると発表した。

 またNVIDIAは、Omniverseの拡大とともに、エンタープライズの人工知能(AI)、サイバーセキュリティ、量子コンピューティングのほか、自動車やヘルスケアなど、同社のさまざまな新しい製品や取り組みについて発表した。

Omniverse関連

 Omniverse関連では、合成データ生成エンジンである「Omniverse Replicator」が発表された。Omniverse Replicatorは、優れたデジタルツインを構築し、ひいては現実世界で役に立つより優れたAIを搭載したツールを構築するためのツールだ。NVIDIAは、Replicatorによる合成データ生成のための2つのアプリケーションを披露した。自律走行車のデジタルツインをホストする仮想世界となる「NVIDIA DRIVE Sim」、そしてマニピュレーターロボットのデジタルツインのための仮想世界となる「NVIDIA Isaac Sim」だ。AIモデルの構築にはデータが必須となるが、AIプロジェクトは質の高いデータの不足に悩まされているとNVIDIAは指摘する。

 また同社は、新たにインタラクティブなAIアバターを作成するためのプラットフォームである「NVIDIA Omniverse Avatar」を発表した。このプラットフォームでは、レイトレーシングで表示される3Dグラフィックスを持つ、インタラクティブなキャラクターを作成できる。このアバターは、多様な話題について会話することができ、人間の発言の意図を理解することができる。

 NVIDIAは、ReplicatorとAvatar以外にも、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、マルチGPUレンダリングに関する新機能など、Omniverseのさまざまな最新情報を発表した。さらに、Bentley SystemsやEsriのソフトウェアと産業界向けのデジタルツインアプリケーションの連携が可能になっているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]