編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

クラウドフレアとオラクルが提携--データ転送料金の削減とマルチクラウド環境への移行めざす

NO BUDGET

2021-11-12 15:53

 Oracleは不必要なデータ転送料の廃止を約束する最新のクラウドプロバイダーとしてBandwidth Alliance(帯域幅アライアンス)に加盟した。Cloudflareが発表した。

 これにより、CloudflareのサイバーセキュリティソリューションとOracleのクラウドインフラストラクチャーの両方を利用する企業は、高額なデータ転送料金を回避でき、コストを削減することができるという。

 Oracleは、Cloudflareとの共通の顧客に対して、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Object Storageからのデータ転送料金(エグレス料金)を無料にする。この取り組みは、北米を皮切りにグローバルにサービスを拡大し、既存のクラウドサービスと比べてすでに低価格なデータ転送料金をゼロにすることをめざす。

 2018年9月に創設されたBandwidth Allianceは、共通の顧客に対してエグレス料金の割引や免除を提供する、クラウドおよびネットワーク企業のグループ。現在、19社がパートナーとして参加している。

 Bandwidth Allianceのパートナー企業は、互いに協力することで、コスト削減の効果を顧客に直接還元できる。また、顧客は、コンピューティングやストレージ、その他のクラウドサービスを選ぶ際、帯域幅費用を考慮する必要なく、複数のクラウドプロバイダーの中から最適な選択をすることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]