編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Snowflake、西日本地域の営業体制を強化--急増する地域の需要を受け

ZDNet Japan Staff

2021-11-16 09:44

 クラウドデータウェアハウスを提供するSnowflakeは11月16日、西日本地域を営業対象とする「西日本営業部」を新設したことを発表した。専任の営業担当者とセールスエンジニアが直接地域の顧客支援に当たるとしている。

 Snowflakeによると、同社が日本国内に営業エリアを拡大するのは、2019年11月に日本法人を設立してから初めてだという。国内売上の25%以上を西日本地域で上げること目指す。また、既に協業している地域のパートナー企業との連携を強化するとともに、新規パートナーも積極的に開拓していく。

 今回の営業体制の確立は、同社の顧客で西日本に本社を置く企業からのニーズの高まりを受けたものになる。さらに、今後開拓先として見込まれるさまざまな業界のデータ活用への需要の高まりが契機となったとしている。

 Snowflakeは今回の西日本営業部の設立を機に、同地域に拠点の多い製造業をはじめとする企業に向け、同社のデータクラウドの訴求を加速する狙いがある。西日本地域においては、2022年上半期をめどにAmazon Web Services(AWS)のアジア太平洋(大阪)リージョンでサービスの提供を開始する予定。これにより、マルチクラウドの柔軟性、優位性を生かし、より安定的なサービスの提供が可能になる。

 Snowflake 社長執行役員の東條英俊氏は「このたび、スノーフレイクは多くの皆さまからのご要望に応え、西日本地区に営業部を新設する運びとなった。これを機に、西日本地区のお客さまがデータをモビライズし、競争力を高めてくための支援体制が整った。地域のパートナーの皆さまとも一層強固に連携し、お客さまが真のデータドリブン経営を実現するためのソリューションを積極的に提供していく」とコメントする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]