編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

CTCと日本IBM、ハイブリッドクラウドサービス事業で戦略的パートナーシップ拡大

NO BUDGET

2021-11-17 10:47

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と日本IBMは、CTCのクラウド分野におけるサービスラインアップの拡充や事業拡大を目的に、戦略的パートナーシップを強化する。

 CTCは、ハイブリッドクラウド環境を継続的に最適化して提供するサービス群を「OneCUVIC」というブランド名で展開しており、各サービスの強化を進めている。今回予定しているパートナーシップ拡大もその一つだという。

 CTCと日本IBMは両社のサービスを組み合わせてOneCUVICを拡充し、強化することを検討する。具体的には、ITインフラ利用型サービス、アプリケーションのモダナイズ化を支える基盤サービス、マルチクラウドインテグレーション/マネージドサービス、マルチクラウド環境下におけるマネージドセキュリティサービスの4分野でサービスを拡充する。

 両社が組み合わせを検討するサービスプロダクトは、CTCオリジナルのホステッドプライベートクラウドであるCUVICシリーズをはじめ、CTCデータセンターサービス、CTCマルチクラウドマネージドサービス、CTC C-Nativeサービス、IBM Cloud、IBM Power、IBM Cloud Satellite、Red Hat OpenShift、IBM Cloud Pak for Watson AIOpsに代表される各種ミドルウェアなど。

 今回の取り組みにより、現在3つのデータセンターから提供しているCTCのCUVICシリーズは、第4・第5(東日本・西日本)のデータセンターを加えて、IBM Cloudとつながる。これにより、全世界60拠点以上に展開するデーセンターネットワーク上のIBM Cloudを利用して両社のビジネス拡大が見込まれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]