ServiceNow Japan、「Now Platform」上で稼動するESGソリューション

NO BUDGET

2021-11-19 10:17

 ServiceNow Japanは、「Now Platform」上で稼動するESGソリューションを新たに提供する。

 同ソリューションは、ダイバーシティーやインクルージョンの強化、二酸化炭素排出量の削減、ビジネスレジリエンスの実現に関する企画立案から管理、統制、レポートまでを単一プラットフォーム上で統合管理する。

 今回提供を開始するソリューションは、「ServiceNow ESG Management and Reporting」「ServiceNow Project Portfolio Management」「ServiceNow Governance, Risk, and Compliance」で構成される。

 ServiceNow ESG Management and Reportingは新製品で、「社会的インパクト」から見た重要課題の文書化、目標とKPIの設定、パフォーマンスの追跡、監査で必要なデータの収集・検証、主要なESG報告フレームワークに沿った開示情報の作成を可能にする。

 ServiceNow Project Portfolio Managementは、戦略、計画、予算管理ツールに加えて、プロジェクトで使われているコストやリソース、結果などの追跡情報を提供する。これにより、企業がESGロードマップを構築、維持できるように支援し、ESG投資を可視化し、ESGの取り組みを改善する。

 ServiceNow Governance, Risk, and Complianceはコアガバナンス機能に加え、高度なリスク評価、継続的なモニタリング、AI、監査、プライバシー、自動化などを提供する。ESGに関する留意事項やデータを効率に優れた企業全体のリスクおよびコンプライアンス管理に統合し、ESGコンプライアンス状況とリスクをリアルタイムに表示する。また意思決定やビジネスパフォーマンスを向上させる豊富な分析機能を提供する。

 なお今回提供を開始するソリューションは、ServiceNowのローコード開発を支援する各種の製品とシームレスに連携できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]