編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
米ZDNet編集長Larryの独り言

技術力とデータで難局を切り抜けるウォルマート - (page 2)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-11-24 06:30

 Walmartの最高経営責任者(CEO)を務めるDoug McMillon氏は、業績発表カンファレンスコールで次のように述べている。

 当社の業績には追い風が吹いている。好調な消費者需要、一定のインフレ、政府の景気刺激策などがプラス要因になっているが、当社のコアビジネスの状況も良い状態にある。通常店舗や会員制小売店舗での取引数は増加している。在庫は11.5%増加した。価格差は当社に有利な部分で付けることができている。また私たちは、サプライチェーンのイノベーションを続けており、取り扱い可能量を増やしている。それに加え、Walmart GoLocalやWalmart Connect、Walmart Luminate、Walmart+、Spark Delivery、Marketplace、Walmart Fulfillment Servicesなどの事業も立ち上げている。

 Walmartは、アプローチを変えて、デジタルファースト化、オムニチャネル化に向かっている。McMillon氏は、Walmartがオムニチャネル化を進めるにあたって、どんな風にアプローチを変えたかを説明した。

 同氏は次のように述べている。

 私たちは「4-in-a-box」という言葉を使っている。これは、顧客、製品、設計、技術、エンジニアリングなどの各部門の関係者が集まってテーブルを囲み、顧客や会員のためにオムニチャネルをデザインするためのアジャイルな働き方のことだ。

 以前のWalmartでは、マーチャンダイジングや業務運営、財務、流通などの業務が、すべてサイロ化された専門的な組織で運営されていた。しかし各チームは、この数年で、もっと速く、最初からゴールを見据えながらオムニチャネルをデザインしていくための手法を学んできた。私たちは今もそれを学び続けている。それによって私たちは、サイロ化されたものではなく、本当のオムニチャネルをテクノロジーによって実現できるようになった。

 Walmartは、顧客がインフレにどう反応するかを予測できる優れたモデルを持っている。McMillon氏は、「インフレとの戦いは私たちのDNAにすり込まれている」と述べ、同社のモデルとアルゴリズムは、サプライチェーンの問題や、在庫のニーズや、消費者がどんな反応を示す可能性があるかといった問題に対処することができていると語った。これは、Walmartがグローバルに事業を展開しており、それらの地域の中には、現在の米国よりもはるかにインフレがひどい地域もいくつか含まれているためだ。これらのデータは、消費者がどのような反応を示すかを知るために利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]