編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

GoDaddy、「Managed WordPress」サービスに影響するセキュリティインシデントを明らかに

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-11-24 10:52

 ドメイン登録やウェブホスティングサービスを提供するGoDaddyは米国時間11月22日、同社の「Managed WordPress」ホスティング環境に権限のない第三者からのアクセスがあったことが分かったと米証券取引委員会(SEC)に報告した。顧客100万人以上のメールアドレス、アカウント番号、パスワードなどのデータが漏えいした恐れがあるとしている。

GoDaddy
提供:GoDaddy

 同社は、9月6日以降、権限のない第三者が脆弱性を悪用して顧客情報へのアクセスを獲得しており、11月17日に発覚したと述べている。

 GoDaddyによると、アクティブまたは非アクティブなManaged WordPressの顧客最大120万人分のメールアドレスとアカウント番号のほか、プロビジョニングの時点で設定された最初のパスワードなどにアクセスされた恐れがある。これらの認証情報がまだ使われている場合、同社はパスワードをリセットしたとしている。

 アクティブな顧客のsFTPとデータベースのユーザー名とパスワードも流出した恐れがあるが、GoDaddyはこれらのパスワードをリセットした。また、一部のアクティブな顧客のSSL秘密鍵も漏えいした恐れがある。GoDaddyは、該当する顧客に対し、新しい証明書の発行と設定を進めているところだと説明している。

 調査は継続中であり、影響を受けた顧客に連絡しているとGoDaddyは述べている。顧客はオンラインのヘルプセンターから直接同社に連絡することもできる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]