ドコモ、CTC、MOYAI、配線工事不要なIoTカメラソリューションを提供へ

NO BUDGET

2021-11-24 10:50

 NTTドコモと伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、MOYAIは、マーケティング、人流解析、監視などを目的としたIoTカメラソリューションの提供に関して協業を開始する。同ソリューションは配線工事が不要で短期間での導入が可能とする。2022年春の提供開始を予定している。

 このソリューションは、MOYAIのLED一体型高機能ネットワークセンサー「IoTube(アイ・オー・チューブ)」にドコモの4Gネットワーク回線のSIMカードを組み込んだもので、ネットワークを通して収集した動画のリアルタイムな閲覧や人工知能(AI)による動画解析を短期間で実現するプラットフォームサービスも提供する。CTCは、データの保管やデバイスマネジメント、閲覧インターフェースの開発に加えて、同プラットフォームのサービス運営を担う。

 「IoTube」は、LED蛍光灯と高機能カメラが一体となったIoTネットワークセンサーで、既存の蛍光灯と取り換えるだけで店内や車両内などの様子を撮影することができる。そのため、電気・配線工事のコストが不要で、装飾やレイアウトを崩すことなく簡単に設置できる。

 2022年春から提供開始する新しいバージョンの「IoTube」は、エッジ端末でリアルタイムの処理と分析を可能にするエッジAIを搭載し、さらに温度、湿度、赤外線サーモグラフィ、煙検知の各種センサーなどの標準装備を予定している。またMOYAIでは、超高速通信を実現する第6世代Wi-Fiや第5世代移動通信システム(5G)への対応も検討している。

 今回の協業により開発するプラットフォームは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を用いて動画データの確認やダウンロードを実施することができ、マイクやスピーカー機能を利用すれば緊急時に双方向通話も可能という。

 3社は、例えば、来店客の属性分析や動線分析を行い、商品の仕入れや陳列、店舗設計などのマーケティングに同ソリューションを活用できるとしている。また、各車両内の混雑度合いを把握し、乗客のモバイル端末に混雑状況をリアルタイムに配信することで、新型コロナウイルス感染症対策にも貢献できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]