編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

マイクロソフト、DX推進の「Find new value on Azure」を開始

阿久津良和

2021-11-29 06:30

 日本マイクロソフトは11月26日、国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するマーケティング施策「Find new value on Azure」を開始すると発表した。指定テンプレートで簡易的な事業計画を提出し各種特典を得られる「Find new value on Azure Marketing Accelerator(FAMA)」を提供する。Azureビジネス本部 プロダクトマーケティング部長の田中啓之氏は、「皆と手を取り合ってDXを推進するためのプログラム」と説明した。

日本マイクロソフト Azureビジネス本部 プロダクトマーケティング部長の田中啓之氏
日本マイクロソフト Azureビジネス本部 プロダクトマーケティング部長の田中啓之氏

 FAMAは、主にパートナー企業を支援するためのプログラムという。FAMAでは、Find new value on AzureのキービジュアルやPowerPointのテンプレートなどクリエイティブ素材の無償提供、Find new value on Azure特設サイトでの露出、技術情報に限定した「Microsoft Base blog」への投稿、Microsoft Azureの各種支援プログラムの利用相談、概念実証に限定したMicrosoft Azureの無償利用環境(上限あり)を用意する。

「Find new value on Azure」のキービジュアル
「Find new value on Azure」のキービジュアル

 同社では、2019年12月からパートナーソリューションの体験や実証実験などを行う施設「Azure Base」を展開する。コロナ禍で対面接触を避けるため活動が控えられていたが、7月に「Microsoft Base」と名称を変更、今回活動を再開した。これに合わせて日本ビジネスシステムズ運営の「Microsoft Base Toranomon」、TOSYS運営の「Microsoft Base Nagano」も開設されることになった。田中氏は「日本地域で異なる課題やパートナー企業が存在する。地域と密に連携してDXを支援する」とし、2023年6月までに全都道府県へMicrosoft Baseを拡大を目指すという。

全都道府県に展開予定の「Microsoft Base」
全都道府県に展開予定の「Microsoft Base」

 今回の発表会では、日本の独自施策として「Solution Competency Center」を開始することも発表した。「パートナーの知見やノウハウなどを用いて、一緒にセンターオブエクセレンス(CoE)を構築する」(田中氏)とし、パートナー企業と共同の市場展開の強化、顧客企業へのソリューション知見・能力の譲渡を目的した取り組みになる。

 他方で同社は、大企業の新規事業担当者を支援する「Empower Japan Intrapreneur Community」も運営。直近の「シーズン2」では23社36人が参加したが、「シーズン3」の開催を決定。「2022年2月に応募受付を開始し、4月から半年をかけてプログラムを実施する。想定募集人数は約30人」(田中氏)という。

 今回の発表会では、Microsoft Azure勉強会も合わせて開催。Windows ServerとAzure Stack HCIの役割や、Microsoft Azureに最適化したWindows Server「Windows Server 2022 Azure Edition」の概要、Azure Arcの更新内容、Azure Monitor InsightsによるAzure Stack HCI監視機能の強化、Azure Virtual Desktop for Azure Stack HCIのプレビュー版提供など多岐にわたる説明が行われた。

「Ignite 2021」で発表された強化済みセキュリティ関連機能
「Ignite 2021」で発表された強化済みセキュリティ関連機能

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]