編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
海外コメンタリー

ローコード/ノーコードAIプラットフォームもいずれ身近に?--そのあり方やリスク

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-12-03 06:30

 ローコードアプリケーション開発はどの程度まで高度化するだろうか。その答えはまだ出ていない。しかし一部の関係者らは、ローコード/ノーコード開発が業務ユーザーによる人工知能(AI)アプリケーションの開発に向けて重要な役割を果たすかもしれないとすら予想している。

Low code and no code may open more doors to artificial intelligence
提供:Joe McKendrick

 AIを活用したノーコードプラットフォームを手がけるAkkioの共同創業者であるJonathon Reilly氏は、Harvard Business Reviewの記事で、ローコード/ノーコード開発プラットフォームによって「開発者やデータサイエンティストといった、給与の高い人々を雇用せずにAIを配備できるようになる」と記した上で、「採用に伴う摩擦を除去することで、AIの持つ力をすべての業界で発揮する上での支援がもたらされるとともに、スペシャリストでなくとも未来を文字通り予測できるようになる。そしていつの日にかノーコードAIプラットフォームが、今日のワープロソフトや表計算ソフトのようにユビキタスなものになるだろう」と結論付けている。

 Reilly氏はこういった開発を可能な限り容易にする、つまり一般的なエンタープライズアプリケーションとの統合や、データの自動分類、モデルの自動的な選択と訓練、モデル性能の監視が可能なシンプルなインターフェースを備えたプラットフォームを探すようアドバイスし、「ユーザーは回帰分析やk近傍法(k-NN)のアルゴリズムについて知っておかなくても済むようになっているべきだ」と主張している。

 ただ、ローコード/ノーコード開発プラットフォームによってハイエンドなアプリケーション開発への道が開かれるという主張について、あらゆる人々が合意しているわけではない。少なくとも現時点でそういった道は開かれていない。Ephesoftの最高技術責任者(CTO)Kevin Harbauer氏は「平均的な業務ユーザーが洗練されたアプリケーションを開発/配備できるようになっているとは考えていない」と述べ、「ほとんどのローコード/ノーコードソリューションは、成功をもたらす上で、高い技術力を有したパワーユーザーを必要としている」と続けている。

 また、Transpositの運用およびマーケティング担当バイスプレジデントであるEd Sawma氏は、素晴らしいアプリケーションをその複雑さの程度にかかわらず構築する能力として、「依然としてユーザーエクスペリエンスの設計や、実装する機能の優先順位付け、ワークフローとアルゴリズムの理解といったものが要求されている」と述べ、「コードの記述が不要なものをドラッグ&ドロップインターフェースのかたちで実装しただけだ」と続けている。

 Harbauer氏によると低水準な自動化は一般的なユースケースであり、「IT部門以外のさまざまな部署で用いられるアプリケーションに見られる」という。同氏は「これらのソリューションによってパワーユーザーは、シンプルな作業を自動化し、システム間のデータを統合し、今までIT部門に依頼していたようなシンプルなアプリケーションを開発できるようになる」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]