編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

アークサーブ、初期バックアップデータの物理運搬サービスを開始

ZDNet Japan Staff

2021-11-30 16:42

 arcserve Japanは、サイズが大きくネットワーク転送の負荷が大きい初期バックアップデータをNAS(Network Attached Storage)で物理運搬するサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid バックアップデータ運搬オプション」を12月1日に開始すると発表した。

 新サービスは、クラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」のオプションになる。Arcserve UDPを使ってオンプレミスのバックアップの初期データをクラウド側と同期する際に、インターネット回線ではなく同社が送付するNASを使って行う。ユーザーは手順書に沿ってNASにバックアップデータを複製するだけで、後は同社が初期データの同期作業を行う。

 一般的に初期バックアップデータは、データサイズが数テラバイト(TB)から数十TB規模になり、オンプレミス環境からインターネット経由でクラウドデータセンターへの転送に週単位の時間を要することがあるという。

 今回のオプションサービスの利用料は1回当たり22万円、有効容量45TBのNASを1台用いる。複製する初期バックアップデータのサイズが45TBを超える場合は要相談となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]