AWS re:Invent

AWS、メインフレームのクラウド移行を支援する「AWS Mainframe Migration」発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-12-01 11:58

 Amazon Web Services(AWS)は、メインフレームやレガシーなワークロードをクラウドに素早く容易に移行し、AWSのアジリティー、弾力性、コストなどのメリットを生かすことができる新サービス「AWS Mainframe Modernization」を発表した。

AWS Mainframe Modernization
 

 最高経営責任者(CEO)のAdam Selipsky氏は、「AWS re:Invent」カンファレンスで、このメインフレーム移行サービスの概要を説明した。

 「メインフレームは高価かつ複雑であり、レガシーなプログラミングを伴う」とSelipsky氏は言う。「もっと良い方法が必要だ。非常に多くの顧客がメインフレームから離れようとしている」

 Selipsky氏によると、メインフレームのワークロードをクラウドに移行することで、顧客は最大70%のコスト削減を実現している。リフト&シフト方式を採用する顧客もいれば、もっと細かいアプローチをとる顧客もいる。いずれも、メインフレームからの移行は完了までに数カ月~数年を要する場合もある。

 「この道のりは私たちが望むほど平坦ではなかった」とSelipsky氏は述べた。

 AWS Mainframe Modernizationで、顧客はメインフレーム向けにCOBOLなどのレガシーなプログラミング言語で書かれているアプリケーションをJavaベースのクラウドサービスへと変換し、メインフレームのワークロードをAWSで実行するようリファクタリングすることができる。

 AWS Mainframe Modernizationは現在、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、アジアパシフィック(シドニー)、欧州(フランクフルト)、南米(サンパウロ)などのリージョンでプレビューを利用できるようになっている。今後数カ月でさらなるリージョンで利用可能になる。

AWS Mainframe Modernization
 

 ここでの重要な問題は、主に大規模な銀行や金融サービス企業などのメインフレームの顧客が完全にクラウドに移行するかどうかだ。IBMの「Z」メインフレームは、新製品が発売されるたびに売り上げを伸ばしている。また、IBMは「Linux」やコンテナーに対応し、メインフレームをモダナイズさせている。

 AWSは確かに、そのようなメインフレーム市場の一部を求めているだろう。しかし実際には、いずれ衰退すると長年一部で予想されてきたメインフレームは存続している。短期的には、メインフレーム向けのハイブリッドなアプローチが台頭するかもしれない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]