編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

セールスフォース日本法人、本社移転に合わせて社名変更--“ドットコム”から“ジャパン”へ

ZDNet Japan Staff

2021-12-01 11:34

 米Salesforce.comの日本法人であるセールスフォース・ドットコムは12月1日、2022年2月1日付で本社を移転し、社名を「セールスフォース・ジャパン」に変更することを発表した。

 同社は、米Salesforce.comの初の海外オフィスとして2000年4月に開設し、2020年で設立20周年を迎えた。「世界で6番目、アジアでは初となる『Salesforce Tower』への移転にあわせ、また、これまで以上に日本市場に根ざし、信頼される顧客関係管理(CRM)のマーケットリーダーとなるべく、社名を変更する」としている。

 代表取締役会長兼社長の小出伸一氏は、「21年前に日本法人を設立して以来、当社はお客さま、パートナーさま、コミュニティーの皆さまに支えられながら、テクノロジーを使って企業とその先のお客さまとの信頼関係を構築するお手伝いをし、日本のデジタルトランスフォーメーションを支援してまいりました。これからも、皆さまからの期待に応えるとともに、『ビジネスは社会を変えるための最良のプラットフォームである』という信念のもと、お客さまの成功と社会の発展に貢献してまいります」とコメントする。

 新オフィスのSalesforce Tower(日本生命丸の内ガーデンタワー)では、場所を選ばずにどこからでも成功する「Success from Anywhere」という同社の新しい働き方のコンセプトを実践。「従業員の声に耳を傾けながら、リモートワークと、人と人とが直接会う楽しさ、自発性、イノベーションを組み合わせた、柔軟性のある働き方を実現していく」という。

 また、社名の変更と移転に合わせ、持続可能な未来を拓くための森林保全の取り組み「Salesforce Park Tokyo 」プロジェクトを立ち上げる。東京都檜原村の「Salesforce Park Tokyo」に3000本の樹木を植えるとともに、移転に際する取引先からの祝花などを辞退し、代わりにプロジェクトへの支援を呼びかけることで、生態系の回復と森林保全を進めていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]