編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
AWS re:Invent

AWS、独自プロセッサー「Graviton3」搭載の新EC2インスタンスを発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-12-01 13:04

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月30日、自社開発した「AWS Graviton3」プロセッサーと「AWS Trainium」プロセッサーを搭載した「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」インスタンスをそれぞれ発表した。

 同社は2018年に初の自社開発プロセッサーとして「AWS Graviton」を発表している。そして今回、HPCやバッチ処理、電子設計自動化(EDA)、各種メディアのエンコーディング、科学分野のモデリング、広告配信、分散アナリティクス、CPUベースの機械学習(ML)推論といったコンピュート集約型のワークロード向けにGraviton3を発表した。

 Graviton3は「Graviton2」より演算処理能力が最大25%向上し、浮動小数点演算と暗号化処理の能力が最大2倍に引き上げられている。またGraviton3はML分野での処理を考慮し、bfloat16形式(ニューラルネットワーク向けの浮動小数点形式)のデータをサポートしているため、同分野での処理能力が最大3倍向上している。

 AWSはGraviton3を搭載する新たなインスタンス「C7g」も発表した。

 さらに、Trainiumを搭載するインスタンス「Trn1」も発表。こちらは機械学習モデルのトレーニングに主眼を置いたものとなっている。800Gbpsのネットワークバンド幅を実現している。

 両インスタンスは30日からプレビュー提供されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]