編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日立の米子会社がセキュリティ企業と提携--サイバー保護ソリューション群開発へ

NO BUDGET

2021-12-06 09:42

 日立製作所(日立)の米国子会社でデジタルエンジニアリングサービス企業のGlobalLogicは、Cybereasonから同社の次世代サイバーセキュリティプラットフォームとサービスの開発支援企業に選定されたと発表した。

 今回の提携では、デバイスからクラウドまで、高度な人工知能(AI)の統合を含むセキュリティやデータ管理ソフトウェアに関するGlobalLogicの広範かつ深い専門知識を活用する。

 GlobalLogicにとって、今回の開発プログラムはサイバーセキュリティの分野でこれまでに受注した中で最大級のもの。数百人の専門エンジニアを迅速に確保し、今後1年間のCybereasonの開発ロードマップを支援する。同社は、サイバーセキュリティの分野で10年以上の活動実績があり、複雑な要件にうまく対応することに長けているという。

 Cybereasonは、オペレーション中心の攻撃防御のソリューションを提供する企業で、同社のソリューションはエンドポイントからエンタープライズシステム、クラウドまで、サイバー犯罪者と戦う場所を網羅している。週に23兆件以上と、他のソリューションの5倍もの量のセキュリティ関連イベントを分析しており、MalOps(悪意のある一連の攻撃)エンジンを活用することで、あらゆるデバイスや、ユーザー ID、アプリケーション、クラウドへの実装にわたるまで、攻撃の全貌を明らかにできるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]