編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

アサヒグループHD、デジタルワークフロープラットフォームにServiceNow採用

NO BUDGET

2021-12-03 15:13

 アサヒグループホールディングス(アサヒグループ)は、従業員体験の最大化を実現するためのデジタルワークフロープラットフォームとして、ServiceNowのIT Service Management(ITSM)を導入し、10月から運用を開始している。ServiceNow Japanが発表した。

 ITサービスに関する従業員からの問い合わせや申請業務から着手し、国内従業員約1万8000人を対象にITSMを活用し、既存の申請業務を完全に置き換えた。

 ITSMの導入で、すべてのIT申請をITSM上で記入することにより、申請から承認、申請内容の作業を完了するまでの進捗状況までを可視化し、管理することが可能となった。また、申請者と対応者のやり取りや必要な情報の検索が可能なポータルを提供することで、すべての従業員が必要なときに必要な情報に容易にアクセスすることができるようになった。

 これまでアサヒグループでは、表計算や文書ファイルによる申請書が多く、それぞれに記入した後、電子メールに添付して関係者に回していた。そのため、ワークフローが体系化されておらず、属人的なやり取りが発生するケースがあった。また、申請に対して承認された後、申請内容を進める作業については、進捗や申請者と作業者間のコミュニケーションなどが可視化されていなかった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]