編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

デジタルリノベーションを行うライナフ、国交省のBtoC配送実証事業に採択

NO BUDGET

2021-12-06 15:49

 人工知能(AI)やIoTで不動産のデジタルリノベーションを行うライナフは、国土交通省の「非接触・非対面型の対個人(BtoC)配送実証事業」において、事業者として採択されたと発表した。

 同社は、AIとIoTの技術を活用した不動産管理ソリューション「ライナフスマートサービス」を展開している。2021年からオーナーと管理会社に向けて、「置き配」の普及と導入支援を「置き配 with Linough」として取り組んでいる。オートロックエントランスを解錠するシステムとして、スマートエントランス「NinjaEntrance」を活用しており、これまで1000棟以上の物件に導入されている。

 BtoC配送実証事業では、集合住宅におけるオートロックエントランスの解錠デバイス技術を活用した、非接触・非対面型の置き配にまつわる実証と検証を行う。これにより、再配達率の削減、配送効率の向上、非接触・非対面の実現による社会的効果の測定・検証などを進める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]