編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

JBCC、vSphere環境のクラウド移行サービス--ベアメタルとIaaSで最適に配置

阿久津良和

2021-12-07 08:15

 JBCCは12月6日、サーバールームやデータセンターといったオンプレミスで運用中の「VMware vSphere」の仮想環境を各クラウドサービスへ移行、構築する「VMware仮想環境 最適クラウド移行サービス」の提供を開始した。Amazon Web Services(AWS)の「VMware Cloud on AWS」、Microsoft Azureの「Azure VMware Solution」、IBM Cloudの「IBM Cloud for VMware Solutions」に対応する。

 同社取締役副社長 薮下真平氏は「顧客からは『クラウドは安くなるのか』『事業部門がクラウドを勝手に契約して情報管理が複雑になる』といった声を聞く。われわれはクラウド活用の効果を可視化し、最適なクラウドの組み合わせを提案。顧客と伴走するクラウド運用のパートナーを目指す」と事業の方向性を解説する。

(左から)JBCC 取締役副社長 薮下真平氏、同社プラットフォーム・ソリューション事業部長 大島貴幸氏
(左から)JBCC 取締役副社長 薮下真平氏、同社プラットフォーム・ソリューション事業部長 大島貴幸氏

クラウドによってコスト差が発生

 JBCCはデジタルトランスフォーメーション(DX)フレームワークに基づいた各種サービスで、顧客を支援する「HARMONIZE」を提供してきた。HARMONIZEの10項目で構成された要素には、顧客のITソリューションを支援する「SaaS」、クラウド運用を支援する「IaaS」の分野に今回の新サービスは含まれる。

 IaaSの文脈では、クラウドサービスを事前に影響評価してコストを最適化する「Cloud Fitness」、クラウド移行時の事前影響評価にあたる「ITモダナイゼーションクリニック」、クラウドの利用状況を見て、コストの最適化を図り運用を支援するツール「Cloud Health」を提供している。

 新たに今回の最適クラウド移行サービスを提供する理由として、同社プラットフォーム・ソリューション事業部長 大島貴幸氏は、「われわれが注目したのはコスト。ベアメタルクラウドでもコスト削減手法があり、(各クラウドベンダーが提供するVMwareソリューションは)顧客の環境と選択したクラウドによってコスト差が発生する。もう1つはクラウド検討に要する時間と顧客負荷。検討時間が足りずにオンプレミスを選択することも。その背景には、既存のシステム(やアプリケーション)がクラウド移行に耐えうるかの判断が難しい」ケースが少なくないからだと説明した。

VMware仮想環境 最適クラウド移行サービス VMware仮想環境 最適クラウド移行サービス
※クリックすると拡大画像が見られます

 新サービスは既存のvSphereで動作する仮想マシンなど顧客の運用環境をITモダナイゼーションクリニックで事前影響を評価し、集約コストが高い仮想マシンはベアメタルクラウドへ、ファイルサーバーなどリソース過多な仮想マシンは各クラウドベンダーのIaaSに振り分けるなど最適に配置できるという。

 大島氏は「顧客環境を理解し、ベアメタルクラウドとIaaSを組み合わせることで最適環境を提供する」と説明。すでに新サービスを採用した事例もある。某社はデータセンターのvSphere環境をVMware Cloud on AWSと「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」に振り分けることで、年間約200万円の運用コスト削減を見込んでいる。

 また、別の企業は事業継続計画(BCP)を目的に工場間で動作するオンプレミス環境を冗長化していたが、地震による停電で動作停止し、今後の運用に困窮していた。JBCCは移行先としてAzure VMware Solutionsを選択し、「VMware Horizon View」で運営していた仮想デスクトップ基盤(VDI)環境も「Azure Virtual Desktop」へ移行させ、年額約420万円の運用コスト削減を予期している。

VMware Cloud on AWSへの移行事例
VMware Cloud on AWSへの移行事例
※クリックすると拡大画像が見られます
Azure VMware Solutionsへの移行事例 Azure VMware Solutionsへの移行事例
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]