編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「iPhone」の寿命が近づいている可能性を示す5つの現象

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-12-11 08:00

 「iPhone」は通常、全く機能しなくなる前にいくつかの警告を発する。問題なのは、ほとんどの場合、iPhoneが実際に機能しなくなるまで、それらの警告が無視されることだ。

 本記事では、iPhoneが寿命を迎えようとしている可能性があることを示す5つの危険信号を紹介する。

画面がちらつく

 この問題が発生したら、iPhoneの死期が近い可能性がある。

 筆者の経験から言わせてもらうと、画面がちらつく原因はいくつかある(最も多いのはディスプレイの損傷や欠陥だが、本体内部のリボンケーブルが外れたことが原因だった事例もある)。

 ある日、そのディスプレイは全く点灯しなくなるということもある。

「ゴーストタッチ」

 ゴーストタッチは、ディスプレイに触れていないのに、本体が勝手に動作することだ。画面の損傷や本体内部の障害が原因となることもある。温度が上昇したり、本体を曲げたりしたことが原因で問題が悪化する場合もある。

 この問題は時間の経過とともに悪化し、場合によっては、ゴーストタッチが頻繁に発生したり、ディスプレイがタッチ操作に全く反応しなくなったりする。

ランダムな再起動

 iPhoneがランダムに再起動し始めたら、注意してほしい。原因は無数にある。バッテリーの不良が原因であることも多いが(その場合はメッセージが表示される)、メインボードの欠陥や接続の緩みが原因の場合もある。

充電できない

 バッテリーが減っているが、iPhoneを充電できない。

 その場合、以下のことを試してみるといい。

  • iPhoneを再起動する。
  • 別の充電器/ケーブルの組み合わせを試す。
  • iPhoneがワイヤレス充電に対応している場合は、それを試してみる。

画面が膨らんでいる、またはフレームから外れている

 通常、これはバッテリーが膨張したことを示している。

 損傷したバッテリーは危険なので、これは良い兆候ではない。

 画面を無理矢理フレーム内に押し戻そうとしてはいけない。ディスプレイを損傷したり、バッテリーに穴があいたりするおそれがあるからだ。

 欠陥のあるバッテリーの危険性を過小評価してはいけない。充電せずに、できるだけ早く適切に対処してほしい。

おまけ:画面が真っ暗になった、またはAppleロゴの画面でフリーズする

 iPhoneが動作しなくなっている。

 文鎮化だ。

 Appleは、自分で修理したいユーザー向けにいくつかのサポートドキュメント(こちらこちら)を提供している。修理できなかった場合は、「Apple Store」に足を運ぶ必要があるだろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]