編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

グーグル、100万台超のデバイスからなる「Glupteba」ボットネットを分断

Julian Dossett (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-12-08 11:43

 Googleは米国時間12月7日、100万台を超える感染デバイスから構成されているボットネット「Glupteba」の運用を阻止するための措置を取ったと同社ブログで発表した。また、Gluptebaの背後にいるとする運営者を提訴したことも明らかにした。

虫を捕まえるイラスト
提供:Getty

 Gluptebaは世界各地の「Windows」マシンに感染しているという。Googleは別のブログ記事で、Gluptebaに対抗するために取った措置を詳しく説明している。Googleの脅威分析グループ(TAG)はこの1年、同社のサイバー犯罪調査グループと協力し、同社のサービスを悪用するボットネットの活動を阻止しようとしてきた。

 TAGのShane Huntley氏とLuca Nagy氏は同記事に「Gluptebaの配布に用いられたと判断したおよそ6300万件の『Googleドキュメント』のほか、その配布に関連付けられる1183件の『Googleアカウント』と908件のクラウドプロジェクト、870件の『Google 広告』を処分した」と記している。

 しかし、Gluptebaの運営者らはビットコインのブロックチェーンを同ボットネットのバックアップメカニズムとして使用している。つまり、このボットネットの根絶は非常に難しいものとなっている。Googleは訴状に、Glupteba Enterpriseがアカウントの窃盗やクレジットカード詐欺、仮想通貨の採掘目的でコンピューターを乗っ取るクリプトジャッキングを含む犯罪を企てたと記している。

 スパムや、スパムに関連するサイバー脅威の追跡を手がける国際的な非営利組織のSpamhaus Malware Labsによると、2021年第3四半期には2656件のボットネットが確認されており、前四半期の1462件から82%増加したという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]