編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

AWS、2つ目のトップシークレットリージョンを運用開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-12-08 14:23

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間12月7日、2つ目のトップシークレットリージョンである「AWS Top Secret-West」の運用を開始したと発表した。この新しいリージョンは、米政府の秘密区分レベルで「Top Secret」にあたるワークロードを運用可能だと認定されており、防衛、諜報、国家安全保障分野の顧客のニーズに対応できる。

 AWSは、2014年に最初のトップシークレットリージョンである「AWS Top Secret-East」を開設している。このリージョンは、「Top Secret」に指定されたワークロードに対応できる最初の商用クラウドサービスだった。

 この2つのトップシークレットリージョンは1000マイル(約1600km)以上離れているため、遅延が重視されるワークロードでは、ユーザーの近くにあるリージョンにデータを保存することが可能になる。耐障害性を確保するため、各リージョンは複数のアベイラビリティゾーンで構成されている。

 AWSのトップシークレットリージョンは、米国家情報長官(DNI)が発令するIntelligence Community Directive(ICD 503)と、米国立標準技術研究所(NIST)が発行するSP 800-53 Revision 4に準拠していると認定されている。

 AWSはすでに防衛産業との関係を確立しているが、過去に問題がなかったわけではない。2019年には、米国防総省が10年間に渡る100億ドル(約1兆円)規模の共同防衛インフラ事業(JEDI)の契約をMicrosoftと結んだが、AWSはそのほぼ直後にこの契約に異議を唱える訴訟を起こしている。AWSは、Microsoftが契約を獲得できたのは、当時の米国大統領だったDonald Trump氏がAmazonと当時の同社最高経営責任者(CEO)だったJeff Bezos氏を嫌っており、圧力をかけたためだと主張していた。

 11月には、米国防総省がAWS、Microsoft、Google、Oracleに対し、新たな数十億ドル規模の新規クラウド契約への応札を要請した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]